FANDOM


檜山ひかる: 声 - 原えりこ

人物解説 編集

1971年11月15日生まれ。初登場時、高陵学園中等部1年。恭介まどかとは2学年下でまなみくるみの同級生。まどかの幼馴染であり、一人っ子である為まどかを姉のように慕っている。超能力をこっそり使っている姿を偶然見かけたことで、スーパースポーツマンという誤解から恭介に好意を抱くようになる。まどかと見た目も性格も正反対のタイプであり、単純素直で明朗活発、場を明るくするムードメーカーな所もある。ボーイッシュな栗色のショートヘアに右目下の泣きボクロが特徴。勉強はあまり出来ず、くるみとどっこいどっこい。二人で追試を受けた事も。音痴であり、歌がヘタ。まどか同様最初は不良だったが、恭介に出会った事で時々不良っぽい言動は出るものの、改心した。その明るい性格から小松八田くるみなどの恭介の周辺人物からも気に入られ、受け入れられている。幼少のころは女の子らしい服装にスカート、肩までのセミロングなどかわいらしい外見であったが、ある人物と出会ったことが切っ掛けで、ショートカットのボーイッシュへと変わっていった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki